価格の安さも大切!

シンプルデザインの最小限の機能が付いた製品がおすすめ

価格の安さを重視して法人向けパソコンを導入したい場合には、白や黒を基調としたシンプルなデザインのものや、CPUやHDDなどの機能が最小限のものを探すことがおすすめです。特に、新製品の機能にこだわりが無ければ、旧型の製品の購入を検討することで、導入コストを大幅に節約することが可能です。また、最近ではパソコンメーカーのオペレーターのアドバイスを受けながら、大半のトラブルを社内で解決できる製品も登場しています。そこで、将来的にメンテンナンス費用が掛かりにくいものを探してみると良いでしょう。なお、多数の法人向けパソコンを導入する場合には、省エネ設計の製品を選ぶことで、一年間の電気代を最小限に抑えることも可能です。

法人向けのレンタルサービスの利用も検討しよう

社員数が多い企業では、法人向けパソコンを導入する際に高額なコストが発生することがありますが、場合によってはレンタルサービスを利用することで、コスト削減に繋がることがあります。例えば、法人向けのサポートがしっかりとしている業者の中には、予算や用途などに応じて、適切な機種の提案をしているところも少なくありません。そこで、初めて法人向けパソコンレンタルの契約を結ぶにあたり、料金システムが分かりやすいところや、導入後のアフターフォローがしっかりとしている業者を選ぶことがポイントです。その他、レンタルが可能な機種は、業者によって大きく異なるため、時間を掛けて法人用のカタログや公式サイトに目を通しておきましょう。