入っているソフトに違いは?

不要なソフトは入っていないのが魅力

パソコンをメーカーから購入すると多くのソフトウェアが付属します。例えば会計ソフトからはがき作成ソフトなどがあるので一般の方にとっては便利と言えるでしょう。ただパソコンメーカーが販売するパソコンは付属ソフトウェアの数で値段が上がっているので注意が必要です。法人でパソコンを購入するときにメーカーの市販パソコンを購入すると余計なソフトウェアが付属するので無駄になってしまいがちと言えます。こういうときは法人パソコンを検討してみましょう。これは市販パソコンと比べて余計なソフトウェアが入っていません。これにより安い金額でパソコンを購入できるのがメリットです。使わないソフトが多いと無駄になるので法人パソコンは企業にとって理想的といえます。

自分で好きなソフトを付属できるのが特徴

法人パソコンの中には購入するときにソフトウェアを選択できるものもあります。中古パソコンショップ以外にBTOパソコンと呼ばれるものも用意されているのが特徴です。BTOはウイルス対策ソフトの選択から会計ソフトの選択まで自由なので使い勝手が優れています。会社にとって必要なソフトウェアだけチョイスすることができるので検討してみましょう。余計なソフトウェアが入っているとOS起動時に一緒にソフトも立ち上がるものがあるので、起動が遅くなってしまいます。アンイストールするにしても手間がかかるのがネックです。個別にソフトウェアを購入するにしてもインストールが面倒なので大変と言えます。BTOならインストールをした状態で購入できるものもあるので余計な手間がかからず便利です。